短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi
山口泉水 宗匠選

天    初音聴く 雪を衣に梅の花  (直樹)<詠み込み 初>
    (標目 我が家の庭に春はそこまで)
追吟   梅の花 うぐいす鳴けばほほ笑みて

地    初便り 束ねて届く嬉しさよ  (篤子)<詠み込み 初>
    (標目 あの人この人おもかげ浮かび)

人    気は心 やはり嬉しい旅土産   (公三)
    (標目 となり近所はいつも仲良く)

二    富士の山 四季それぞれの美しさ  (雄飛)
三    厨の灯 消える事なし大晦日  (政信)
四    厨の灯 夕餉を告げる母の声  (純一)
五    評論家 足で稼いだ風を読む (直樹)
六    評論家 理屈並べて自慢げに  (阿ヶ美)
七    カルタ会 和服が似合うあでやかに  (雄飛)
八    仲直り 折れて一言ごめんねと  (阿ヶ美)
九    初日の出 皇居に集う旗の波 (耕作)<詠み込み 
十    天と紫水をまとめてもらう 早く来い来い開巻日 (雄飛)
[PR]
# by kanku_yasutomi | 2011-01-27 01:00 |  安冨冠句会例会
安冨町文化祭作品(平成22年11月14日)

安冨中学校 ふれあいの会 生徒作品

お母さん   かりかりせずにしなやかに  静香

衣替え    去年の服がもう着れぬ    汐里

思い出は   変わらず胸にしまってる   桜

衣替え    眠った服が目を覚ます    佳人

体育祭    友と流した汗はいい     裕也

友と見た   名月こそは美しい      将司

赤とんぼ   夕日が写す秋の顔      由衣

赤とんぼ   夕やけ空に染まってる    咲藍

美しい    秋の夜空に夕月が      果歩

体育祭    年に一度の燃える時     優奈

秋祭り    子供みこしが大集合     晴香

友だちと   仲よくしあい生きていく   絹華

香り咲く   花の心はありがとう     侑生
[PR]
# by kanku_yasutomi | 2010-11-17 22:25 |  安冨町文化祭作品
安冨町文化祭作品(平成22年11月14日)

安冨冠句会作品

甘え声    聞こえるたびに現金が要る  清

立志伝    後世に置く夢の跡      和憲

立志伝    龍馬の像は堂々と      公三

夕茜     生きて死ぬるもこの住処   直樹

荒削り    チョンナ柱の千年家     豪人

旅支度    散り敷く沙羅の花浄土    孝子

父の檄    慈悲の心を家訓とす     雄飛

恋の歌    万葉びとの筆の跡      土筆

固唾飲む   伊能忠敬地図の出来     阿ケ美

霊柩車    母は浄土へ花の旅      純一

平穏な    心持て成す冠句会      智稔

大安日    今日人生の船出する     泉水
[PR]
# by kanku_yasutomi | 2010-11-16 23:29 |  安冨町文化祭作品
安冨町文化祭作品(平成22年11月14日)

安冨冠句会作品

人生路    一喜一憂旅の空       新一

浴衣帯    締めて小町の出来あがり   政信

里の秋    神の絵筆で衣替え      耕作

旅の宿    湯の香ほのかに心癒え    春風

ワイングラス 似合う男さ裕次郎      芳英

袖通す    母の匂いが呼ぶ涙      千賀子

英霊に    平和の礎無にしない     恒男

道連れに   縁をはぐくむ遍路笠     昌香

夕茜     見とれて飽きぬ空の画布   哲男

我が星よ   積年の愛やシンデレラ    孝代

平穏な    漁場を侵し故意に当て    良春

老婆心    目立ちすぎです一兵卒    謙一郎


続く...
[PR]
# by kanku_yasutomi | 2010-11-15 23:57 |  安冨町文化祭作品
紫水杯 多選之部

紫水杯  六選  
    
      泡銭 汗のない金羽根生える  (新一)

四選   連立が軋む与党の正念場  (純一)<折り句 レキシ>

      無尽蔵 汲めども尽きぬ親の慈悲  (千翔)

      霊前に清め手向ける四季の花  (直樹)<折り句 レキシ>

      春霞 大地が羽織る季のショール  (和憲)

三選   一苦労 惜しまぬ手間を菊は知る  (和憲)
      梅見頃 まだぎこちなき初音聴く (千翔)
      サンドイッチ 部下と上司の痛み分け  (雄飛)
      無尽蔵 愛の泉は測れない (雄飛)
      溜まってる 悩みストレス趣味が消す  (良春)
      怪気炎 勝てば官軍何時の世も  (恒男)
      住み慣れた今の田舎が理想郷  (豪人)<折り句 スイリ>
      巣立つ子をいとしく思う離別の日  (千翔)<折り句 スイリ>
      一苦労 農継ぐ息子嫁探し  (泉水)
      サンドイッチ 一つふとんで川と寝る  (恒男)
      鈴鳴らし出雲の神に良縁を  (直樹)<折り句 スイリ>
      体験談 熱く語ろう生き字引  (公三)
      公に 婚約発表薬指  (孝代)
      梅見頃 匂いに春を乗せてこい  (耕作)
      無尽蔵 夜空のダイヤ夢くれる  (和憲)

      以上 三選15章

多選 20章でした。多選が多く充実しました。
[PR]
# by kanku_yasutomi | 2010-03-25 08:00 |  安冨冠句会例会
広岡和憲 雅伯選

天    泡銭 怠惰の花が根を這わす  (直樹)
(標目  心くすぐる見栄と快楽)
 追吟  根を這わす一夜の夢追う泡花

地    一苦労 未だ未だ越える山河あり  (雄飛)
(標目  あなたおまえで歩む人生)

人    雪中花長寿の糧となりし吟  (千翔)<読み込み 吟>
(標目  声は朗朗余生吟じる)

二    梅見頃 句箋が唸る峠茶屋  (直樹)
三    連立が軋む与党の正念場  (純一)<折り句 レキシ>
四    天の迷い子浮かれて踊る 季節外れの雪が降る  (純一)<送り句>
五    無尽蔵 余生安めり詩の海  (直樹)
六    怪気炎 自国の小旗冬五輪  (豪人)
七    泡銭 汗のない金羽生える  (新一)
八    一苦労 認知の母に手が足りぬ  (直樹)
九    梅見頃 春を待つ孫の初歩き  (孝代)
十    公に 笑いの消えた世の不正  (千翔)
[PR]
# by kanku_yasutomi | 2010-03-25 07:00 |  安冨冠句会例会
有本新一 雅伯選

天    無尽蔵 心の財を積み上げて  (春風)
(標目  荷物にならぬ人生観)
 追吟  積み上げて社会に返す英知と理性

地    体験談 語り継ごうよきのこ雲  (春風)
(標目  戦争放棄永遠に)

人    日本の美羽織袴で吟の舞い  (公三)<読み込み 吟>
(標目  朗々と天地に響く輪の心)

二    無尽蔵 愛の泉は測れない  (雄飛)
三    無尽蔵 汲めども尽きぬ親の慈悲  (千翔)
四    体験談 泥が教えた明日の夢  (直樹)
五    一苦労 惜しまぬ手間を菊は知る  (和憲)
六    列島も軋む不況に四苦八苦  (純一)<折り句 レキシ>
七    健やかに生き抜く老後力みなく  (良春)<折り句 スイリ>
八    連綿と極めて深し趣味の道  (直樹)<折り句 レキシ>
九    男無口で夢追うロマン 多弁に勝る重い口  (千賀子)<送り句>
十    溜まってる 練りよが足らぬ脳の味噌  (千翔)
[PR]
# by kanku_yasutomi | 2010-03-25 06:00 |  安冨冠句会例会
春名豪人 雅伯選

天    体験談 反省もあり自慢あり  (純一)
(標目  長い人生色々あるよ)
 追吟  自慢あり苦はそっちのけ話さない

地    サンドイッチ 部下と上司の痛み分け  (雄飛)
(標目  中間職は板ばさみ)

人    無尽蔵 親子の愛は限りない  (芳英)
(標目  人だけでなく動物もみな)

二    梅見頃 まだぎこちなき初音聴く  (千翔)
三    水線の入り日真っ赤に離島染め  (良春)<折り句 スイリ>
四    公に 決断求む基地移転  (直樹)
五    一苦労 他人の「めし」で腕磨く  (耕作)
六    怪気炎 勝てば官軍何時の世も  (恒男)
七    体験談 風化はさせぬ震災者  (和憲)
八    無尽蔵 阿弥陀如来が廻す慈悲  (和憲)
九    日本の美羽織袴で吟の舞い  (公三)
十    霊峰の木々の紅葉四季の景  (新一)<折り句 レキシ>
[PR]
# by kanku_yasutomi | 2010-03-25 05:00 |  安冨冠句会例会
安原純一 雅伯選

天    霊前に清め手向ける四季の花  (直樹)<折り句 レキシ>
(標目  思い届ける黄泉路の人え)
 追吟  四季の花色とりどりの感嘆符

地    澄み渡る詩吟の美声天を突く  (新一)<読み込み 吟>
(標目  音吐朗々、座を圧すなり)

人    公に 決断求む基地移転  (直樹)
(標目  過去の密約今も引きずる)

二    無尽蔵 汲めども尽きぬ親の慈悲  (千翔)
三    溜まってる 小銭かぞえる孫が居る  (孝子)
四    春霞 小鳥が歌う過疎の里  (耕作)
五    少し貯め今は低利の利子に泣く  (泉水)<折り句 スイリ>
六    怪気炎 まあ如何程の春の夢  (直樹)
七    いつも優しく威張らず真面目 多弁に勝る思い口  (謙一郎)<送り句>
八    泡銭 汗のない金羽生える  (新一)
九    怪気炎 勝てば官軍何時の世も  (恒男)
十    好きな道生き甲斐もあり理屈抜き  (耕作)
[PR]
# by kanku_yasutomi | 2010-03-25 04:00 |  安冨冠句会例会
有末政信 雅伯選

天    無尽蔵 資源はないが技術あり  (良春)
(標目  未来明るし贅沢せねば)
 追吟  技術あり資源を作りだす技も

地    サンドイッチ 辛い中間管理職  (純一)
(標目  権限少なし責任重し)

人    公に 大手を振った領収書  (和憲)
(標目  これさえあれば鬼に金棒)

二    春霞 大地が羽織る季のショール  (和憲)
三    梅見頃 まだぎこちなき初音聴く  (千翔)
四    泡銭 汗のない金羽生える  (新一)
五    溜まってる 妻のストレス無給の身  (孝代)
六    体験談 聞く目が輝く子供たち   (智稔)
七    一苦労 惜しまぬ手間を菊は知る  (和憲)
八    連立が軋む与党の正念場  (純一)<折り句 レキシ>
九    住み慣れた今の田畑が理想郷 (豪人)
十    澄み渡る詩吟の美声天を突く  (新一)
[PR]
# by kanku_yasutomi | 2010-03-25 03:00 |  安冨冠句会例会