短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安冨町文化祭作品(平成22年11月14日)

安冨町文化祭作品(平成22年11月14日)

安冨冠句会作品

人生路    一喜一憂旅の空       新一

浴衣帯    締めて小町の出来あがり   政信

里の秋    神の絵筆で衣替え      耕作

旅の宿    湯の香ほのかに心癒え    春風

ワイングラス 似合う男さ裕次郎      芳英

袖通す    母の匂いが呼ぶ涙      千賀子

英霊に    平和の礎無にしない     恒男

道連れに   縁をはぐくむ遍路笠     昌香

夕茜     見とれて飽きぬ空の画布   哲男

我が星よ   積年の愛やシンデレラ    孝代

平穏な    漁場を侵し故意に当て    良春

老婆心    目立ちすぎです一兵卒    謙一郎


続く...
[PR]
by kanku_yasutomi | 2010-11-15 23:57 |  安冨町文化祭作品