短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年1月上座抄(松井土筆 雅伯選)

松井土筆 雅伯選

天    土と生き喜寿も元気で身の果報  (千翔)
(標目  農に楽しむ喜色満面)<折り句 ツキミ>
 追吟  身の果報感謝の暮らし憂いなし

地    枝を張り 根も張る雑木山守る  (政信)
(標目  嵐に強く紅葉も見事)

人    澄んだ空水仙郷は霧の朝  (高男)
(標目  甘い香をのせ瀬戸は早春)<折り句 ススキ>

二    記念して 今年総括命一字  (政信)
三    薬代 継ぎ足す命ある未練  (和憲)
四    学校で もまれて育つ自立心  (春風)
五    好きな道墨筆生かし今日の幸  (祥雲)<折り句 ススキ>
六    好きな句座素敵な雅友と気も晴れる  (千代子)<折り句 ススキ>
七    連れが良い気さくな笑顔満つ句会  (春風)<折り句 ツキミ>
八    柿紅葉 料理に添えて季をかもす  (豪人)
九    類がない 自然遺産は人為超え  (政信)
十    類がない 命を軽く見る世相  (佳月)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-01-30 03:00 |  安冨冠句会例会