短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年1月上座抄(山口泉水 宗匠選)

山口泉水 宗匠選

天    良縁を願う出雲に初詣  (祥雲)
(標目  恵方の神に手を合わせてる)<読み込み句 雲>
 追吟  初詣で願いは一つ今年こそ

地    枝を張り 家系を問えばみな身内  (佳月)
(標目  選挙の度びに首かしげてる)

人    薬代 福祉だんだん細くなる  (佳月)
(標目  太くなるのは体系だけか)

二    満月を絵にする雲に隠す雲  (耕作)<読み込み 雲>
三    記念して 家族写真は富士を背に  (春風)
四    記念して 米寿卆寿の友白髪  (奎夫)
五    若葉青葉と月日は流れ 山は紅葉に衣替え  (千代子)<送り句>
六    猿や熊まで味覚の秋か 柿はたえわわに色づいて  (和憲)<送り句>
七    澄んだ空水仙郷は霧の朝  (高男)<折り句 ススキ>
八    鶴と亀君と二人の道標べ  (奎夫)<折り句 ツキミ>
九    積もる愛喜怒哀楽の夫婦花  (新一)<折り句 ツキミ>
十    学校で 磨けば光る師の教え(耕作)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-01-30 02:00 |  安冨冠句会例会