短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年1月上座抄(安原純一 雅伯選)

安原純一 雅伯選

天    年の暮雲悠々と別世界  (公三)
(標目  天の旅人国境知らず)<読み込み句 雲>
 追吟  別世界そこから何が見えますか

地    眺めよし 夕日を受けて山坐る  (千翔)
(標目  遠祖も見たか永久の歳月)

人    記念して 生きる喜び同窓会  (土筆)
(標目  皺の数だけ苦楽重ねて)

二    学校で 生涯の富友賜う  (治子)
三    枝を張り 座敷賑わす松飾り  (千代子)
四    いつまでも昭和忘れじきのこ雲  (泉水)<読み込み 雲>
五    つみかさね昨日の汗を見る明日  (治子)<折り句 ツミキ>
六    類がない 人間国宝名に恥じず  (政信)
七    薬代 継ぎ足す命ある未練  (和憲)
八    好きな句座素敵な雅友と気も晴れる(千代子)
九    化けの皮 嫁して三年出る本音  (佳月)
十    類がない 私の命一つだけ(耕作)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-01-30 04:00 |  安冨冠句会例会