短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年1月上座抄(村上千翔 雅伯選)

村上千翔 雅伯選

天    類がない 原爆投下受けた国  (豪人)
(標目  決して忘れてならぬは日本)
 追吟  受けた国後世永久に伝え継ぐ

地    狙い撃ち 核にやられた拉致の的  (佳月)
(標目  他国のなげき餌として生き)

人    学校で 友という名の宝物  (善三郎)
(標目  傘寿米寿となる程宝)

二    天下泰平庭の松  (公三)
三    四季は移ろい自然の美学 山は紅葉に衣替え  (公三)<送り句>
四    類がない 六角古墳太古知る  (泉水)
五    雲海に富士冠雪が浮いて見ゆ  (豪人)<読み込み 雲>
六    木枯らしに百面相の千切れ雲  (佳月)<読み込み 雲>
七    尽くす愛今日の介護に見る灯り  (政信)<折り句 ツキミ>
八    鶴と亀君と二人の道標  (奎夫)<折り句 ツキミ>
九    記念して 節目写して孫育つ  (土筆)
十    米寿の写真大家族(善三郎)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-01-30 05:00