短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年1月上座抄(春名豪人 雅伯選)

春名豪人 雅伯選

天    枝を張り 兼六園が冬を吊る  (和憲)
(標目  縄の簾に雪の簾が
 追吟  冬を吊る遠ざかりゆく寒気団

地    狙い撃ち 作戦長し赤穂義士  (祥雲)
(標目  敵をあざぬく酒と女で)

人    枝を張り 多くの人と友となる  (芳英)
(標目  三百枚の年賀を書いた)

二    化けの皮 嫁して三年出る本音  (佳月)
三    記念して 今年総括命一字  (政信)
四    学校で 正せ教育基本から  (奎夫)
五    杖となりきつい坂道身をささえ  (耕作)<折り句 ツミキ>
六    柿紅葉 風に一ひら舞扇  (公三)
七    化けの皮 年は隠せぬ厚化粧  (公三)
八    類がない 私の命一つだけ  (耕作)
九    雲流れ歳は記憶を置いて行く  (耕作)<読み込み 雲>
十    眺めよし 我が子今日は故郷は日本一(祥雲)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-01-30 06:00 |  安冨冠句会例会