短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年1月上座抄(広岡佳月 宗匠選)

広岡佳月 宗匠選

天    苦も楽も 新たなる日の色に染め  (直樹)
(標目  年のはじめの神の鈴振る)
 追吟  色に染め平凡という幸に生く

地    気は若い 我が残照に老い見せず  (高男)
(標目  不老長寿の妙薬を持つ)

人    気は若い 五欲いずれも涸れ切らず  (純一)
(標目  あの世の旅の手土産にする)

二    ふりかえり たぐる年金汗匂う  (純一)
三    ひた走る 光陰のや矢は只無情  (守磨呂)
四    保育所に孫の送迎爺の訳  (良春)
五    明けて春加茂のねずみが福を呼ぶ  (新一)
六    ふりかえり 賀状書きつつ史にひたる  (戸楓)
七    失礼な 金の貯まらぬ耳という  (純一)
八    インド洋 小船が親にエサをやる  (土筆)
九    迎え船母は来ました歌残る  (豪人)
十    目が肥えて 懐痩せる世のならい  (善三郎)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-01-31 01:00 |  安冨冠句会例会