短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年1月上座抄(小林善三郎 雅伯選)

小林善三郎 雅伯選

天    柚子熟れて 香りただよう風呂あがり  (美好)
(標目  清い香りが家族を包む)
 追吟  風呂あがり柚子の香りの清らかさ

地    師走町 「偽」の一字が総括す  (千翔)
(標目  漢字一字で一年締める)

人    気は若い 我が残照に老い見せず  (高男)
(標目  気力旺盛ラストスパート)

二    苦を積めばものに感謝と知恵を得る  (千翔)<折り句 クモチ>
三    除夜の鐘 今年も聴ける幸せを  (泉水)
四    何故かせつなくとどめもなくて とんぼ返りも日が暮れる  (美好)<送り句>
五    苦も楽も 新たなる日の色に染め  (直樹)
六    苦も楽も 避けて通れぬ人の道  (篤子)
七    苦も楽も 柳は風に逆らわず  (奎夫)
八    ひた走る 虹の彼方に夢を置き  (直樹)
九    インド洋 ねじれで切れた給油管  (佳月))
十    偽装年金薬害つづき アッと言う間の年の暮れ  (良春)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-01-31 03:00 |  安冨冠句会例会