短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年1月上座抄(松井土筆 雅伯選)

松井土筆 雅伯選

天    除夜の鐘 御恩御恩と説く余韻  (佳月)
(標目  我欲にかまけついぞ忘れて)
 追吟  説く余韻五濁悪世に響きあれ

地    気は若い 加齢の足を止める趣味  (佳月)
(標目  冷たい冬も雅の花ざかり)

人    苦を積めばものに感謝と知恵を得る  (千翔)<折り句 クモチ>
(標目  物余りの世苦労が足りぬ)

二    除夜の鐘 如来の大悲世に響く  (佳月)
三    苦も楽も持ち方一つ知恵無限  (公三)<折り句 クモチ>
四    明日の道火炎で守る不動尊  (直樹)<折り句 アカフ>
五    苦も軽し文殊菩薩に知恵を借る  (佳月)<折り句 クモチ>
六    朝焼けの斯くも麗し富士の峰  (佳月)<折り句 アカフ>
七    今度こそ 咲かせてみたい句座の花  (耕作)
八    ひた走る 人生末路踏ん張って  (芳英)
九    愛情をかけて育む父母の恩  (春風)<折り句 アカフ>
十    送迎の年の継ぎ目は歌と鐘  (佳月)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-01-31 04:00 |  安冨冠句会例会