短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年1月上座抄(太田春風 雅伯選)

太田春風 雅伯選

天    苦も楽も 顔に刻んだ老いの笑み  (泉水)
(標目  万感秘めて感謝の日日を)
 追吟  老いの笑み愛と援護に支えられ

地    ふりかえり 孫がねだる場早足で  (恒男)
(標目  笑顔あふれて手招き忙し)

人    梅三分迎春の庭清められ  (千翔)<読み込み 迎>
(標目  初日やさしく春の香包みて)

二    気は若い 老春の味噛み締める  (佳月)
三    苦も楽も 新たなる日の色に染め  (直樹)
四    柚子熟れて 持ち味活きて町の顔  (千祥)
五    気は若い されど白髪三千丈  (恒男)
六    悔いは残さず自慢も出来ず アッと言う間の年の暮れ  (佳月)<送り句>
七    除夜の鐘 一瞬無我となる不思議  (善三郎)
八    国のため猛進したが散った友  (奎夫)<折り句 クモチ>
九    柚子揺れて 初冬の空に百舌が鳴く  (奎夫)
十    ひた走る 北京を目指す若駒よ (佳月)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-01-31 05:00 |  安冨冠句会例会