短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年1月上座抄(安原純一 雅伯選)

安原純一 雅伯選

天    気は若い 我が残照に老い見せず  (高男)
(標目  赤いベレーにトレンチコート)
 追吟  老い見せず剣に隠して寒稽古

地    苦も楽も 我が蒔種の因果から  (土筆)
(標目  錆も光も自分持ちかな)

人    迎春の二字の年賀に友は無事  (祥雲)<詠み込み 迎>
(標目  年に一度の恙の知らせ)

二    失礼な なめくじ嗤う蝸牛  (佳月)
三    師走街 弾む心か焦る気か  (善三郎)
四    ひた走る 年に負けじとまだ途中  (哲男)
五    今度こそ 絵間に切実二浪生   (政信)
六    明けて春加茂のねずみが福を呼ぶ  (新一)<折り句 アカフ>
七    柚子熟れて 風呂に浮かんだ言い伝え  (和憲)
八    除夜の鐘 一瞬無我となる不思議  (善三郎)
九    ひた走る 長く短い人生路  (和憲)
十    句会の日もしも天かと一寸期待  (千代子)<折り句 クモチ>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-01-31 06:00 |  安冨冠句会例会