短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年1月上座抄(春名豪人 雅伯選)

春名豪人 雅伯選

天    ふりかえり 自分史を書け呆けぬ間に  (泉水)
(標目  生きて来た道子等に伝えて)
 追吟  呆けぬ間に財産分与をしておこう

地    気は若い 年は取っても引け取らぬ  (千代子)
(標目  その勢いで負けてはならぬ)

人    ふりかえり 元旦の計守ったか  (新一)
(標目  その時だけですぐに忘れる)

二    除夜の鐘 一瞬無我となる不思議  (善三郎)
三    柚子熟れて 赤切れの手母思う  (孝代)
四    失礼な 逆の立場をわきまえず  (善三郎)
五    気は若い リュック背に負い赤い服 (千翔)
六    今度こそ 心機一転力み立ち  (戸楓)
七    愛らしく寒に顔出す蕗のとう  (良春)<折り句 アカフ>
八    師走街 悲喜こもごもの風が吹く  (春風)
九    床の間に初春を迎える福寿草  (和憲)<読み込み 迎>
十    柚子熟れて 柚子風呂もよし味噌もよし  (千代子)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-01-31 07:00 |  安冨冠句会例会