短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年1月上座抄(山口泉水 宗匠選)

山口泉水 宗匠選

天    筆走る 一文字書きが世相見せ  (哲男)
  (標目 漢字見事に世相読み込む)

 追吟  世相見せ筆の穂先もかすれ勝ち

地    満月を絵にする雲と隠す雲  (耕作)<読み込み 絵>
  (標目 星の魅力に雲もやきもち)

人    冬の星 夜空も凍てるこの不況   (和憲)
  (標目 麻生内閣なんとかしてよ)

二    初春の朝 初日差し込む我が家にも  (良春)
三    ペアルック 余生はにかむ赤い服  (和憲)
四    信じてよ私あなたが総てです   (直樹)<折り句 シワス>
五    知らぬ間に私が惚れた好きな人  (哲男)<折り句 シワス>
六    むつかしい角出す嫁に気をつかう   (千賀子)<折り句 ムツキ>
七    無我夢中連れ添いて今喜寿迎え  (千賀子)<折り句 ムツキ>
八    婿迎え続く家系に気が和む   (直樹)<折り句 ムツキ>
九    宮参り合格祈願絵馬に書く   (豪人)<読み込み 絵>
十    祖母の顔孫が描けばしわは無し (千賀子)<読み込み 絵>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-01-29 01:00 |  安冨冠句会例会