短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年1月上座抄(村上千翔 雅伯選)

村上千翔 雅伯選

天    新年を笑う門出で健やかに  (恒男)<折り句 シワス>
(標目  福を呼び込む笑顔と元気)
 追吟  健やかに新年祝うめでたさや

地    晦日蕎麦 細く長くと老い二人  (直樹)
(標目  えび天 鰊 分けて仲良く)

人    橋渡し かけてあげたい拉致の人  (耕作)
(標目  家族のなげき忘れてならぬ)

二    静まりて我が氏神の杉木立  (善三郎)<折り句 シワス>
三    ペアルック 双子の赤ちゃんよく似合う  (恒男)
四    一字一字に幸せ願い 手書きの賀状胸を張る  (孝代)<送り句>
五    初春の朝 希望新たな陽が昇る (新一)
六    筆走る 選ぶ天に迷いなし  (和憲)
七    一夜漬け 葬儀前夜の弔辞書き  (耕作)
八    無我夢中辛さの先に希望の灯  (公三)<折り句 ムツキ>
九    筆走る 清水寺に変一字  (雅城)
十    予定表 秘書という名の妻の手に  (直樹)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-01-29 02:00 |  安冨冠句会例会