短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年1月上座抄(松井土筆 雅伯選)

松井土筆 雅伯選


天    筆走る 残り灯燃やす老いの日々  (耕作)
(標目  不言実行頭の体操)
 追吟  老いの日々荒れる世相に気が滅入る

地    春光に若松映えて清清し  (春風)<折り句 シワス>
(標目  一陽来復景気回復)

人    絵の具溶く年賀個性を一寸入れ  (公三)<読み込み 絵>
(評目) 描いて微笑み貰って嬉し)

二    蒸し上がり搗いて活気は杵の音  (泉水)<折り句 ムツキ>
三    紫水杯我が句の側を素通りし  (和憲)<折り句 シワス>
四    報われる妻の介護が奇跡呼ぶ  (芳英)<折り句 ムツキ>
五    鞭打てど次の冠題決め句なし  (良春)<折り句 ムツキ>
六    今年こそ地に足付けて牛の絵馬  (公三)
七    したり顔 ボクできるうんやしりあがり  (政信)
八    ペアルック 子がプレゼント照れる父母  (泉水)
九    橋渡し 交流増して村栄え   (篤子)
十    初春の朝 達者な日々を願うのみ  (孝代)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-01-29 04:00 |  安冨冠句会例会