短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年1月上座抄(有末政信 雅伯選)

有末政信 雅伯選

天    絵葉書で旅する人の無事を知る  (孝代)<読み込み 絵>
(標目  顔見るまでは親は気掛かり)
 追吟  無事を知る旅の楽しさ字におどる

地    筆走る 選ぶ天位に迷いなし  (和憲)
(標目  一読瞭然その句に決めた)

人    予定表 太字書きする開巻日  (雅城)
(標目  ひとりぼっちが老いにはつらい)

二    橋渡し すてきな役目福娘  (千賀子)
三    初春の朝 庭の梅花も馥郁と  (千翔)
四    筆走る 年賀に残す墨香る  (哲男)
五    羽根伸ばす 進学叶い春四月  (雅城)
六    晦日蕎麦 迎春準備出来上がり   (泉水)
七    したり顔 巻代払う胸の内  (豪人)
八    世の中に絵に描く餅の多いこと  (善三郎)<読み込み 絵>
九    仮名がはみでた可愛い孫の 手書きの賀状胸を張る  (泉水)<送り句>
十    ペアルック 笑顔までもがお揃いに  (美好)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-01-29 05:00 |  安冨冠句会例会