短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年1月上座抄(安原純一 雅伯選)

安原純一 雅伯選

天    筆走る 上手い文字より元気な字  (政信)
(標目  金釘流の免許皆伝)
 追吟  元気な字肉筆は今希少価値

地    羽根伸ばす 介護はなれて一休み  (孝子)
(標目  二十四時間勤務を癒す)

人    信じてよ私あなたが総てです  (直樹)<折り句 シワス>
(標目  熱き血潮や恋する乙女)

二    冬の星 光輝く逝きし人  (美好)
三    絵手紙に旬の味のせ送り出す  (千賀子)<読み込み 絵>
四    晦日蕎麦 細く長くという縁起  (政信)
五    添えた祝い句さすがの雅友 手書きの賀状胸を張る  (和憲)<送り句>
六    無理しないつまずかないは基本から  (謙一郎)<折り句 ムツキ>
七    冬の星 闇も一級過疎の村  (政信)
八    初春の朝 笑顔を見せて児の年始  (泉水)
九    したり顔 やっと芽が出た詩の種  (直樹)
十    一夜漬け 剥がれるメッキ出る地金  (哲男)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-01-29 06:00 |  安冨冠句会例会