短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年1月上座抄(広岡和憲 雅伯選)

広岡和憲 雅伯選

天    筆走る 詩箋に春の山河あり  (直樹)
(標目  墨の濃淡季節を知らす)
 追吟  山河あり春には春の墨の彩

地    晦日蕎麦 厨一日火の絶えず  (純一)
(標目  初春の準備は女の戦)

人    予定表 母となる日を待ち侘びる  (耕作)
(標目  ポコンと出てる大きなお腹)

二    世の中に絵に描く餅の多いこと  (善三郎)<読み込み 絵>
三    予定表 秘書という名の妻の手に  (直樹)
四    師走月笑って越せて過ごす幸  (千翔)<折り句 シワス>
五    冬の星 空のキャンパス輝きて  (哲男)
六    羽根伸ばす 女二人の旅の宿  (直樹)
七    ちぎり絵の写景に現る過疎の村  (戸楓)<読み込み 絵>
八    したり顔 天を掴んだ句の妙味  (直樹)
九    仮名がはみ出た可愛い孫の 手書きの賀状胸を張る  (泉水)<送り句>
十    羽根伸ばす 良妻などになる気なし  (純一)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-01-29 07:00 |  安冨冠句会例会