短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年1月紫水杯(多選之部)

紫水杯 多選之部

紫水杯  四選  
    
      予定表 肌に刻んだ農日誌  (直樹)

四選   したり顔 天を掴んだ句の妙味  (直樹)
      橋渡し 素敵な役目福娘  (千賀子)

三選   予定表 母となる日を待ち侘びる  (耕作)
      筆走る 選ぶ天位に迷いなし (和憲)
      添えた祝い句さすがの雅友 手書きの賀状胸を張る  (和憲)
      世の中に絵に描く餅の多いこと  (善三郎)<読み込み 絵>
      筆走る 上手い文字より元気な字  (政信)
      晦日蕎麦 細く長くという縁起  (政信)
      ペアルック 笑顔までもがお揃いに  (美好)
      晦日蕎麦 帰省の孫も顔揃え  (土筆)
      無我夢中連れ添いて今喜寿迎え  (千賀子)<折り句 ムツキ>
      予定表 医院の名前二つ三つ  (雅城)
      羽根伸ばす 出で湯の里に時忘れ  (直樹)
      料理しながら味見が過ぎて 少し気になる体脂肪  (豪人)<送り句>
      したり顔 巻代払う胸の内  (豪人)
      ペアルック 子がプレゼント照れる父母  (泉水)
      晦日蕎麦 定番なれど味新た  (善三郎)
    
      以上 三選15章

多選 18章でした。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-01-29 08:00 |  安冨冠句会例会