短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成22年1月上座抄(山口泉水 宗匠選)

山口泉水 宗匠選

天    下心 酔えば本心語り出す  (公三)
  (標目 又も失敗裏までしゃべる)

 追吟  語り出す根は善人かうそつけず

地    頑張れよ 失意の我が子抱きしめる  (雄飛)
  (標目 一度や二度の失敗悔いな)

人    名句あり 追吟もまた胸を打つ   (春風)
  (標目 両手叩いて我が意を得たり)

二    下心 男を口説く夜の蝶  (耕作)
三    頑張れよ 日本力士の名誉かけ  (春風)
四    お年玉 孫の笑顔が我が宝   (直樹)
五    お年玉 貰えた頃が懐かしい  (篤子)
六    正の字を書き連ねたる票開き   (純一)<読み込み 正>
七    リストラで職を失い寝正月  (芳英)<読み込み 正>
八    うつむかず頑張る君をつつむ愛   (千賀子)<折り句 ウガツ>
九    嬉しいな学生たちも付く手当て   (豪人)<折り句 ウガツ>
十    眠られずに思案にくれる夜が続く (篤子)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2010-01-28 01:00 |  安冨冠句会例会