短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成22年1月上座抄(村上千翔 雅伯選)

村上千翔 雅伯選

天    頑張れよ まず病むまいぞ呆けまいぞ  (純一)
(標目  今年も句友の健やかなれと)
 追吟  呆けまいぞ愛しい顔も忘れ去る

地    梅の美を眼下の浦に繋ぐ景  (春風)<折り句ウガツ>
(標目  室津の浦が花の絵となる)

人    後ろにも正面ありや当て鏡  (純一)<詠み込み 正>
(標目  自分にかえろ、他人は見ている)

二    生中継 鳩の弱腰亀が突く  (良春)
三    生中継 除夜の鐘打つ雪の景  (政信)
四    笑顔漂う成人式の 二十歳の晴れ着華々し  (新一)<送り句>
五    老いて昭和の足跡偲び 振り向くことの多くなる (春風)
六    下心 大樹と成せば人なびく  (直樹)
七    献金を正す総理も今疑惑  (孝代)<詠み込み 正>
八    正直は身を救われて幸宿る  (耕作)<詠み込み 正>
九    子育て記 細腕なれど愛太く  (直樹)
十    頑張れよ その一声が灯をともす  (哲男)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2010-01-28 02:00 |  安冨冠句会例会