短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成22年1月上座抄(松井土筆 雅伯選)

松井土筆 雅伯選


天    子育て記 期待と夢を背中に負う  (哲男)
(標目  今じゃその子が支え呉れ入りおり)
 追吟  背中に負う母の強さを子に貰う

地    頑張れよ まず病むまいぞ呆けまいぞ  (純一)
(標目  末期の水は乾杯として)

人    戦中派 人も花咲き地に還る  (耕作)
(評目) 此の世の縁露と消える日)

二    冬籠り 芯は枯れても根は活きる  (泉水)
三    生中継 寅引く園児加茂の庭  (春風)
四    詩愛す雅友の筆が綴る四季  (直樹)<折り句 ウガツ>
五    浮き沈み我慢辛抱強い意志  (耕作)<折り句 ウガツ>
六    名句あり 人生おもみしわの数  (千賀子)
七    下心 燃える闘志に策を練る  (春風)
八    お年玉 孫の笑顔が我が宝  (直樹)
九    粘り抜く辛抱我慢世の教え   (耕作)<折り句 ネシヨ>
十    古い傷 癒やす努力が人を成す  (新一)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2010-01-28 03:00 |  安冨冠句会例会