短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成22年1月上座抄(有末政信 雅伯選)

有末政信 雅伯選

天    お年玉 数だけ入れて孫等待つ  (土筆)
(標目  落ち度ないよう指折り数え)
 追吟  孫等待つ爺正月だけは殿

地    頑張れよ まず病むまいぞ呆けまいぞ  (純一)
(標目  弱気になるな何ぞこれしき)

人    生中継 寅引く園児加茂の庭  (春風)
(標目  賀正先取り児童が飾る)

二    正の字を書き連ねたる票開き  (純一)<詠み込み 正>
三    神の鈴 赤い袴の神子が振る  (豪人)
四    子育て記 祖母から母へ母は娘へ  (泉水)
五    名句あり 開巻楽し学ぶ里  (千賀子)
六    古い傷 環境破壊病む地球   (耕作)
七    お年玉 孫からもらう絵のお札  (千賀子)
八    頑張れよ 夜食は母の愛煮込む  (泉水)
九    戦中派 悪戦苦闘パソコンに  (姫ゆり)
十    寝坊して食事慌てる嫁可愛い  (恒男)<折り句 ネシヨ>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2010-01-28 04:00 |  安冨冠句会例会