短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成22年1月上座抄(有末新一 雅伯選)

有本新一 雅伯選

天    初々し賀春言祝ぐ鶴と亀  (土筆)<折り句 ウガツ>
(標目  新春を寅に因んで前進を)
 追吟  鶴と亀心身共に健やかに

地    愛と躾は親子の絆 二十歳の晴れ着華々し  (耕作)<送り句>
(標目  可愛い我が子期待と夢を)

人    静かな夜母の命日正信偈  (政信)<読み込み 正>
(標目  亡母の供養に読経の声)

二    名句あり こころ豊かになる余韻  (純一)
三    海眺め岸壁の母辛い日々  (豪人)<折り句 ウガツ>
四    美しい雅楽の舞台月に映ゆ  (直樹)<折り句 ウガツ>
五    梅一枝生花に添えてお正月  (春風)<詠み込み 正>
六    名句あり 美と感動が詩を生む  (耕作)
七    戦中派 竹槍振った日を偲ぶ  (春風)
八    冬籠り 開花夢見て苦節耐え  (恒男)
九    名句あり 読めば読む程味がある  (雄飛)
十    頑張れよ まず病むまいぞ呆けまいぞ  (純一)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2010-01-28 06:00 |  安冨冠句会例会