短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成22年1月上座抄(平松直樹 雅伯選)

平松直樹 雅伯選

天    名句あり 言葉の褥あたたかし  (純一)
(標目  心に沁みる温き余韻)
 追吟  あたたかし詩は永劫心打つ

地    静かな夜母の命日正信偈  (政信)<読み込み 正>
(標目  雪降る里に思い出辿る)

人    古い傷 闇の記憶がまた疼く  (純一)
(標目  人に言えない心の深み)

二    神の鈴 景気回復願い込め  (公三)
三    お年玉 もみじの手迄待っている  (哲男)
四    這えば歩めと育てし娘 二十歳の晴れ着華々し  (篤子)<送り句>
五    生中継 シャトル見守る蒼い地球  (耕作)
六    戦中派 友の命と共に生き  (孝代)
七    下心 酒が吐かせた部下の腹  (哲男)
八    頑張れよ 失意の我が子抱きしめる  (雄飛)
九    梅の美を眼下の浦に繋ぐ景  (春風)<折り句 ウガツ>
十    お年玉 不況知らざるこの笑顔  (純一)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2010-01-28 07:00 |  安冨冠句会例会