短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年2月上座抄(岸田戸楓 宗匠選)

岸田戸楓 宗匠選

天    墓洗い罪滅ぼしと許し乞う  (純一)
(標目  祖先崇拝吾今の幸)<折り句 ハツユ>
 追吟  許し乞う懺悔し祈り今日の幸

地    名物の宮居の干支は類がない  (佳月)
(標目  近郷東西氏子の力)<折り句 メミル>

人    猪の干支一まわりした震災忌  (高男)
(標目  光陰矢の如思いは冷めず)<読み込み 猪>

二    加茂の森氏子を守る干支の猪  (耕作)<読み込み 猪>
三    目を見張る見事な光ルミナリエ  (和憲)<折り句 メミル>
四    子板で撞いた遊びの夢おぼろ  (和憲)<折り句 ハツユ>
五    目に清し見よかわせみの瑠璃の背  (土筆)<折り句 メミル>
六    晴れ姿遂に成人夢多し  (春風)<折り句 ハツユ>
七    薄くなり 取り戻し度い人の道  (新一)
八    時移り 歳は記憶を塗り替える  (耕作)
九    時移り 叩く人無き門構え  (高男)
十    今年一本槙枝添えて 松竹梅が床飾る  (豪人)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-02-28 01:00 |  安冨冠句会例会