短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年2月上座抄(山口泉水 宗匠選)

山口泉水 宗匠選

天    今朝の春 老いも若きも祝い箸  (治子)
(標目  家族総出でお膳を囲み)
 追吟  

地    幸せな 仏間の主もほほえんで  (治子)
(標目  皆んな仲良く健康家族)

人    薄くなり 夜明けの星はいま眠る  (純一)
(標目  受験部屋からかすかないびき)

二    幸せな老後を生きて悔いはなし  (土筆)
三    目が醒めて 長い人生やり直し  (公三)
四    人目退く引く加茂の名物干支の猪  (耕作)<読み込み 猪>
五    猪肉がぼたんに代わる鍋料理  (和憲)<読み込み 猪>
六    電化の世 買うも捨てるも金が要り  (政信)
七    電化の世 エジソン地下で舌を巻く  (善三郎)
八    時移り いつの間にやら隠居部屋  (豪人)
九    晴れ姿遂に成人夢多し  (春風)<折り句 ハツユ>
十    初めての追吟受ける夢心地  (佳月)<折り句 ハツユ>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-02-28 02:00 |  安冨冠句会例会