短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年2月上座抄(小林善三郎 雅伯選)

小林善三郎 雅伯選

天    置炬燵 得難き過去をあたためる  (佳月)
(標目  手鍋時代の遠い思い出)
 追吟  あたためる翁と姥との置炬燵

地    薄くなり 記憶のページ黄昏れて  (公三)
(標目  老化現象脳にうっすら)

人    時移り 哀楽つめた小箱持つ  (千翔)
(標目  小箱開ければ曲は静かに)

二    派遣でも強い戦力夢もある  (和憲)<折り句 ハツユ>
三    時移り 生者老いゆき死者老いず  (純一)
四    目が醒めて 更生誓う塀の中  (佳月)
五    晴れ姿蕾は開く夢乗せて  (泉水)<折り句 ハツユ>
六    薄くなり 掛けぬ情けの世知辛さ  (和憲)
七    天気よし 土に鋤き込む陽のかけら  (純一)
八    天気よし 野良着を干せば風が着る  (純一)
九    仰ぎ見る 師の顔しわの数増して  (恒男)
十    時移り 老いる速さを知る暦  (和憲)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-02-28 03:00 |  安冨冠句会例会