短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年2月上座抄(早柏高男 雅伯選)

早柏高男 雅伯選

天    花と咲き露と消えゆく夢の旅  (佳月)
(標目  有路地無路地の一里塚)<折り句 ハツユ>
 追吟  夢の旅吾が残照に老い見せず

地    電化の世 かまどの飯がなつかしい  (泉水)
(標目  民のかまどに煙り立つ)

人    幸せな 妻に甘える粗大ごみ  (佳月)
(標目  岸へ沿い漕ぐ夫婦舟)

二    薄くなり 明日香の美女も色直し  (佳月)
三    時移り 山に夢みた過疎の里  (耕作)
四    仰ぎ見る 永久に尊し父母の恩  (佳月)
五    天気よし 土に鋤き込む陽のかけら  (純一)
六    猪が都会生活する時代  (芳英)<読み込み 猪>
七    薄くなり 髪も記憶も春霞  (佳月)
八    時移り 年金という禄を食む  (純一)
九    置炬燵 囲んだ昭和懐かしく  (公三)
十    今朝の春 輝く未来初夢に  (祥雲)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-02-28 04:00 |  安冨冠句会例会