短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年2月上座抄(安原純一 雅伯選)

安原純一 雅伯選

天    薄くなり 取り戻したい人の道  (新一)
(標目  時は戻らぬ砂時計かな)
 追吟  人の道皆んな守ればみな笑顔

地    天気よし 分け隔てなき陽の恵み  (佳月)
(標目  天地万物皆んな平等)

人    初めての追吟受ける夢心地  (佳月)
(標目  二度から三度めざして励む)<折り句ハツユ>

二    薄くなり ちょっと気になる後ろ影  (善三郎)
三    今朝の朝 米一粒の日脚伸ぶ  (佳月)
四    時移り 巡る暦に感無量  (祥雲)
五    天気よし 春を訪ねて野を歩く  (善三郎)
六    鴨の森氏子を守る干支の猪  (耕作)<読み込み 猪>
七    松の内 交わす言葉は御目出度う  (芳英)
八    幸せな 苦はさて置いて皆元気  (千翔)
九    仰ぎ見る 天皇ご一家御立ち台  (新一)
十    恵まれてみ佛慕う類が寄り  (高男)<折り句 メミル>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-02-28 06:00 |  安冨冠句会例会