短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年2月上座抄(広岡佳月 宗匠選)

広岡佳月 宗匠選

天    仰ぎ見る 空の青さに縫い目なし  (純一)
(標目  天地に祈る平穏の世を)
 追吟  縫い目なし青い地球よいつまでも

地    天気よし 土に鋤き込む陽のかけら  (純一)
(標目  梅もほほえむ老いの春耕)

人    子供心に沁み込む家風 松竹梅が床飾る  (善三郎)
(標目  親の背を見て育つ愛し子)

二    時移り 年金という禄を食む  (純一)
三    天気よし 背なにお日様毛糸編む  (千代子)
四    幸せな 苦はさておいて皆元気  (千翔)
五    見れるかな一巡先の猪の干支  (豪人)<読み込み 猪>
六    目から鼻耳は地獄で類を抜く  (善三郎)<折り句 メミル>
七    薄くなり 五十回忌は音もなし  (善三郎)
八    幸せな それは心に聞けばよい(善三郎)
九    時移り 老いる速さを知る暦  (和憲)
十    幸せな カードはみんな持っている  (善三郎)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-02-28 07:00 |  安冨冠句会例会