短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年2月紫水杯(多選之部)

紫水杯 多選之部

紫水杯  四選  
    
      電化の世 エジソン地下で舌を巻く  (善三郎)

五選   天気よし 梅が目覚める瀬戸の風  (佳月)

四選   猪垣も朽ちて棚田の荒れしまま  (佳月)<読み込み 猪>

三選   天気よし 土に鋤き込む陽のかけら  (純一)
      幸せな 苦はさて置きて皆元気  (千翔)
      初めての追吟受ける夢心地  (佳月)<折り句 ハツユ>
      時移り 年金という禄を食む  (純一)
      時移り 歳は記憶を塗り替える  (耕作)
      天気よし 野良着を干せば風が着る  (純一)
      今朝の春 家長が点すお灯明  (政信)

以下三選 (政信)(佳月)(佳月)(政信)(政信)(土筆)(泉水)

以上三選 十七章でした

尚、五選に佳月宗匠がありましたが連続のため、紫水杯は次点になりました。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-02-28 08:00 |  安冨冠句会例会