短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年2月上座抄(広岡佳月 宗匠選)

広岡佳月 宗匠選

天    遠くても あなたを想う灯は消えず  (太)
(標目  哀別離別に追憶の日日)
 追吟  灯は消えず思い出胸に生きて行く

地    ほのぼのと 未来を語る瞳が愛し  (太)
(標目  親孝行をすると言う子よ)

人    峠かも身内一つの灯に寄せる  (泉水)
(標目  奇跡を祈る心静めて)

二    踏み外す 好きな道には歩幅なし  (祥雲)
三    積み上げて 花道という贈り物  (善三郎)
四    鍋囲む 愚痴も煮込んで交わす酒  (泉水)
五    息白く 冬のソナタにする小径  (和憲)
六    息白く 黒の手袋良く似合う  (美好)
七    寒の月 今宵の酒は愚痴を吐く  (和憲)
八    漁火よ 寄りて釣られた今は春  (孝代)
九    襟を立て 猫背が並ぶ屋台酒  (新一)
十    痛しかゆし 顔で見られる奇進札  (祥雲)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-02-28 01:00 |  安冨冠句会例会