短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年2月上座抄(小林善三郎 雅伯選)

小林善三郎 雅伯選

天    春の句帳に鶯止まり 梅一輪を待ち侘びる  (和憲)<送り句>
(標目  日脚少々初音まだまだ)
 追吟  待ち侘びる梅の便りと花見酒

地    積み上げて 凡が非凡の扉解く  (直樹)
(標目  三っつ星まで苦労を重ね)

人    寒の月 未知のロマンを消すカグヤ  (政信)
(標目  人智どこまで月をバックに)

二    鍋囲む 愚痴も煮込んで交わす酒  (泉水)
三    気がついて 吾れ八十や冬木立ち  (高男)
四    秘めて慕いし人訪う日まで 梅一輪を待ち侘びる  (篤子)<送り句>
五    踏み外す 無いようで有る運不運  (純一)
六    希望の灯世界平和を繋ぐ糸  (耕作)<折り句 キセツ>
七    気がついて あとから入れる隠し味  (佳月)
八    漁火よ 海の男を修羅にする  (佳月)
九    休肝日節酒の誓い妻が責  (泉水)<折り句 キセツ>
十    痛しかゆし 角を貰いて飛車取らる  (純一)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-02-28 03:00 |  安冨冠句会例会