短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年2月上座抄(松井土筆 雅伯選)

松井土筆 雅伯選

天    寒の月 春待つ子等の窓明かり  (公三)
(標目  螢雪積んで進学受験)
 追吟  窓明かり試練に耐えて明日に功

地    鬼門めがけて一声高く 豆で追い出す鬼は外  (純一)<送り句>
(標目  頭をかかえ涙こぼして)

人    風に笹鳴き蝋梅散って 梅一輪を待ち侘びる  (戸楓)<送り句>
(標目  山ふところに初音聞こゆる)

二    気がついて 座せば年長床柱  (祥雲)
三    鍋囲む 愚痴も煮込んで交わす酒  (泉水)
四    ほのぼのと 好きな言葉はありがとう  (佳月)
五    襟を立て 猫背が並ぶ屋台酒  (新一)
六    雪の笠置いて明るし街路灯  (政信)<詠み込み 灯>
七    喜寿の初春千紫万紅鶴と亀  (新一)<折り句 キセツ>
八    幸あれと娘島田に祈る母  (佳月)<折り句 サムイ>
九    寒の月 夜長冷え込み月も凍て  (戸楓)
十    酒煙草無茶が過ぎれば生き地獄  (泉水)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-02-28 04:00 |  安冨冠句会例会