短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年2月上座抄(太田春風 雅伯選)

太田春風 雅伯選


天    襟を立て 寡婦を育てし寒牡丹  (佳月)
(標目  倫理わきまえ花鳥を愛す)
 追吟  寒牡丹風雪耐えて今朝の花

地    寒の月 朧にぼかし小雪舞う  (泉水)
(標目  家路を急ぐ影も朧に)

人    息白く 駿馬に愛の鞭が鳴る  (佳月)
(標目  馬蹄かろやか寒風切って)

二    気がついて 再起にかける人の道  (新一)
三    気にかかる世界の景気常ならず  (善三郎)<折り句 キセツ>
四    積み上げて やがて来る春うたがわず  (高男)
五    漁火よあすは大漁か灯がゆれる  (良春)
六    灯油高一枚着込み痩せ我慢  (公三)<詠み込み 灯>
七    都恋しや太宰府住まい 梅一輪を待ち侘びる  (佳月)<送り」句>
八    痛しかゆし 動作鈍いが利口者  (善三郎)
九    鍋囲む さしつさされつ憂さ晴らし  (篤子)
十    ほのぼのと 介護する手に気配りが (良春)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-02-28 05:00 |  安冨冠句会例会