短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年2月上座抄(安原純一 雅伯選)

安原純一 雅伯選

天    ほのぼのと 好きな言葉はありがとう  (佳月)
(標目  この言葉に怒る人無し)
 追吟  ありがとう人本来の性は善

地    季移りを急かして春の土起こす  (直樹)<折り句 キセツ>
(標目  待ってましたと土が息する)

人    痛しかゆし 無い袖を振ることもある  (耕作)
(標目  武士は食はねど高楊枝とか)

二    寒の月 冬将軍の紋所  (恒男)
三    短日の陽の落つ速さ灯の恋し  (篤子)<読み込み 灯>
四    鍋囲む 愚痴も煮込んで交わす酒  (泉水)
五    襟を立て 聞く耳持たぬ奴にくし   (泉水)
六    盃に結ばれ誓う幾千代に  (祥雲)<折り句 サムイ>
七    踏み外す 理性の舵が侭ならず  (和憲)
八    気がついて 三寒四温春の息  (孝代)
九    南枝北枝と花芽が動く 梅一輪を待ち侘びる  (戸楓)<送り句>
十    痛しかゆし 小指一本駄々こねる  (和憲)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-02-28 06:00 |  安冨冠句会例会