短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年2月上座抄(村上千翔 雅伯選)

村上千翔 雅伯選

天    ほのぼのと 菩薩の顔で嬰を抱く  (純一)
(標目  子の産声に新米母は)
 追吟  嬰を抱くこの上もなき幸せに

地    ほのぼのと 好きな言葉はありがとう  (佳月)
(標目  じんわり心豊かになりて)

人    忘れまじ淡路阪神慰霊の灯  (春風)<読み込み 灯>
(標目  涙はらはら手を合わす老い)

二    峠かも身内一つの灯に寄せる  (泉水)<読み込み 灯>
三    積み上げて 春を咲かせる受験生  (土筆)
四    息白く 気合いで締める寒稽古  (佳月)
五    痛しかゆし 無い袖を振ることもある (耕作)
六    寒の月 絵にする雲にかくす雲  (耕作)
七    幸あれと娘島田に祈る母  (佳月)<折り句 サムイ>
八    鍋囲む 湯気が味出す和を保つ  (公三)
九    灯をともす枯れ木に趣味の詩の道  (耕作)<読み込み 灯>
十    瀬戸の海綾部の丘に 梅一輪を待ち侘びる  (奎夫)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-02-28 07:00 |  安冨冠句会例会