短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年2月紫水杯(多選之部)

紫水杯 多選之部
紫水杯  五選  
    
      鍋囲む 愚痴を煮込んで交わす酒  (泉水)

四選   ほのぼのと 好きな言葉はありがとう  (佳月)
      踏み外す 理性の舵が侭ならず  (和憲)

三選   幸あれと娘島田に祈る母  (佳月)<折り句 サムイ>
      ほのぼのと 介護する手に気配りが  (良春)
      迷い道母の教訓の灯が点る  (和憲)<詠み込み 灯>
      鍋囲む 湯気が味出す和を保つ  (公三)
      ほのぼのと 夫婦善哉五十年  (公三)
      寒の月 絵にする雲にかくす雲  (耕作)
      痛しかゆし 内部告発首を賭け  (政信)
      積み上げて やがて来る春うたがわず  (高男)
      踏み外す 明治の老補転げ落ち  (豪人)
      踏み外す 論理に背く男女仲  (奎夫)
      雪の笠老いて明るし街路灯  (政信)<読み込み 灯>
      気がついて 浄土への道遠からず  (千代子)

      以上 三選12章

多選 15章でした。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-02-28 08:00 |  安冨冠句会例会