短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年2月上座抄(小林善三郎 雅伯選)

小林善三郎 雅伯選

天    白い冬 余章に春を隠す里  (直樹)
(標目  風は早春白い山々)
 追吟  隠す里 災害包む冬景色

地    日向ぼこ 年老いて知る春の風  (耕作)
(標目  丸い背中に日差しなごやか)

人    温みやさしさきらっと光る 一字一語にある妙味  (土筆)<送り句>
(標目  詩に読み込む人の温情)

二    志望校 敷いたレールにきしみ音  (新一)
三    日向ぼこ 余韻かみしめ老い二人  (千翔)
四    ユーモア句 知性の中に住むセンス  (和憲)
五    白い冬 山河声なし霧の朝  (純一)
六    苦も楽も変える努力で生きる幸  (千翔)<折り句 クカイ>
七    立つ鳥の残した仕事仕上げする  (恒男)<折り句 タノシ>
八    新年会 個々それぞれの夢提げて  (土筆)
九    志望校 密かに立てるこころざし  (純一)
十    取った杵柄自慢の昔 強気に生きて身は孤独  (土筆)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-02-26 01:00 |  安冨冠句会例会