短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年2月上座抄(有末政信 雅伯選)

有末政信 雅伯選

天    福の神 人の形(なり)して側に居る  (孝代)
(標目  何時になったら気付いてくれる)
 追吟  福の神感謝の人の眼には見え

地    種の芋軒端にあれど爵位あり  (純一)<折り句 タノシ>
(標目  食を担った戦中戦後)

人    牛の草目籠背負った若い頃  (土筆)<読み込み 牛>
(標目  子は子に合った仕事まかされ)

二    ユーモア句 句座盛り上げて上座入り  (泉水)
三    白い冬 山河声なし霜の朝  (純一)
四    羞恥心 ほのかに見せて渡すチョコ  (春風)
五    親の願いを名付けに込めて 一字一語にある妙味  (孝代)
六    牛歩でも前へ進めば明日も見え   (守麻呂)<読み込み 牛>
七    志望校 財布と知恵が嚙み合わぬ  (耕作)
八    苦心した冠句上座のいい位置に  (良春)<折り句 クカイ>
九    日向ぼこ 耳学問の仲間入り  (純一)
十    不況風 過疎の山里冠句(うた)がある  (耕作)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-02-26 02:00 |  安冨冠句会例会