短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年2月上座抄(太田春風 雅伯選)

太田春風 雅伯選

天    福の神 早く早くと世界中  (善三郎)
(標目  豆ではきかぬ渦巻く鬼神)
 追吟  世界中不況の波に嘆く民

地    牛歩でも前へ進めば明日も見え  (守麻呂)
(標目  一歩にかける生きる喜)

人    新年会 老いても雅友若々し  (直樹)
(標目)

二    白い冬 山河声なし霧の朝  (純一)
三    不況風 夢の挫折が数知れず  (純一)
四    心動かし調和もとれて 一字一語にある妙味  (千翔)<送り句>
五    白い冬 釧路原野に鶴の舞い  (雅城)
六    羞恥心 大和のこころ奥ゆかし  (美好)
七    呉々も体大事に居てくれと  (土筆)
八    シクラメン 恋文添えてプレゼント  (孝代)
九    日向ぼこ 本人ならずも見て平和  (戸楓)
十    朝寝坊 夢物語幕引けず (千賀子)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-02-26 04:00 |  安冨冠句会例会