短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年2月上座抄(松井土筆 雅伯選)

松井土筆 雅伯選


天    日向ぼこ 人生平等陽の恵み  (新一)
(標目  生涯無償無量の宝)
 追吟  陽の恵み無償に受けて老いる身ぞ

地    種の芋軒端にあれど爵位あり  (純一)<折り句 タノシ>
(標目  根菜類は王者の存在)

人    志望校 行きたい気持ち父離職  (恒男)
(評目) チャンスをつかむ望みなくして)

二    白い冬 釧路原野に鶴の舞い  (雅城)
三    シクラメン 清楚な白が凛として  (恒男)
四    福の神 努力重ねて巡り逢う  (守麻呂)
五    苦を背負う解雇の波に生き場なく  (泉水)<折り句 クカイ>
六    ユーモア句 美と感動を生む句会  (耕作)
七    羞恥心 こころの隙間繕えず  (純一)
八    不況風 派遣請負い使い捨て  (篤子)
九    不況風 常に弱者へ吹く寄せる   (政信)
十    のんびりと牛が頼りの善光寺  (孝代)<読み込み 牛>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-02-26 05:00 |  安冨冠句会例会