短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年2月上座抄(広岡和憲 雅伯選)

広岡和憲 雅伯選

天    日向ぼこ 紅白梅に老いの椅子  (直樹)
(標目  春の日差しに浮世を離れ)
 追吟  老いの椅子 夢の旅路は心地よい

地    羞恥心 高砂の席夫婦雛  (雅城)
(標目  スポットライトに集まる視線)

人    春うらら源氏の絵巻牛車引き  (恒男)<読み込み 牛>
(標目  戦い忘れて優雅に遊ぶ)

二    白い冬 余章に春を隠す里  (直樹)
三    不況風 夢の挫折が数知れず  (純一)
四    福の神 真面目に生きる人が好き  (直樹)
五    ユーモア句 句座を和ます馬鹿力  (豪人)
六    不況風 身銭は切らぬ派遣切り  (直樹)
七    福の神 平凡と言ふ見えぬもの  (純一)
八    日向ぼこ これが私の冬仕事  (豪人)
九    志望校 夢に向かった設計図  (哲男)
十    羽根伸ばす 良妻などになる気なし  (純一)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-02-26 06:00 |  安冨冠句会例会