短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年2月上座抄(平松直樹 雅伯選)

平松直樹 雅伯選

天    福の神 愛と笑顔で包む幸  (耕作)
(標目  苦楽共していたわりあって)
 追吟  包む幸 感謝を添えて共に生く

地    不況風 過疎の山里冠句(うた)がある  (耕作)
(標目  我に楽しき余生あり)

人    言えぬひと言素直になれず 強気に生きて身は孤独  (孝代)<送り句>
(標目  そろそろ心晒すとき)

二    親の願いを名付けに込めて 一字一語にある妙味  (孝代)<送り句>
三    苦を楽に変える努力で生きる幸  (千翔)<折り句 クカイ>
四    志望校 絵馬に委ねた春の夢  (和憲)
五    ユーモア句 今日も笑わすあの御人  (公三)
六    羞恥心 大和のこころ奥ゆかし  (美好)
七    種の芋軒端にあれど爵位あり  (純一)<折り句 タノシ>
八    シクラメン 色彩りどりに初春(はる)の花舗  (篤子)
九    朝寝坊 俺を起こさぬ羽根布団  (和憲)
十    日向ぼこ 岩場に亀も甲羅干し  (良春)

初めての選でした。選者の方の苦労が身に染みました。本当にご苦労様です。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-02-26 07:00 |  安冨冠句会例会