短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年2月紫水杯(多選之部)

紫水杯 多選之部

紫水杯  四選  
    
      白い冬 山河声なし霧の朝  (純一)

四選   白い冬 釧路原野に鶴の舞い  (雅城)

      福の神 真面目に生きる人が好き  (直樹)

三選   種の芋 軒端にあれど爵位あり  (純一)<折り句 タノシ>
      羞恥心 大和のこころ奥ゆかし (美好)
      ユーモア句 センスが滲むお人柄  (良春)
      朝寝坊 俺を起こさぬ羽根布団 (和憲)
      福の神 努力重ねて廻り逢う  (守麻呂)
      日向ぼこ 極楽行きの舟を漕ぐ  (和憲)
      新年会 一芸披露株上がる  (千賀子)
      志望校 夢に向かった設計図  (哲男)
      羞恥心 ほのかに見せて渡すチョコ  (春風)
    
      以上 三選9章

多選 12章でした。今回は多選が少なく、選が分かれていました。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-02-26 08:00 |  安冨冠句会例会