短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成22年2月上座抄(山口泉水 宗匠選)

山口泉水 宗匠選

天    星の数 過疎の山里花が咲く  (耕作)
    (標目 晴れた夜空は田舎の良さよ)
追吟   花が咲く月も笑顔で星を抱く

地    常習犯 謝罪会見なれたもの  (孝子)
    (標目 罪の意識はまけらも無いぞ)

人    白内障 世間が広くなる手術   (豪人)
    (標目 痛さこらえて我が身の夜明け)

二    多年草 春に顔出す土筆の子  (直樹)
三    たばこ税 値上げの毒をまだ吸うか  (政信)
四    竜馬伝 土佐の海より志士が出る  (公三)
五    竜馬伝 異国夢見る桂浜 (哲男)
六    たばこ税 意思の弱さに追い打ちか  (哲男)
七    以ての外 親方よりも綱が上  (政信)
八    みな優し園児が作る鬼の面  (純一)
九    豆剣士心を鬼に鍛え抜く (芳英)
十    減らず口 相棒として妻が居る (純一)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2010-02-25 01:00 |  安冨冠句会例会