短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成22年2月上座抄(太田春風 雅伯選)

太田春風 雅伯選

天    凛として 感性豊か雅趣に生く  (土筆)
(標目  此のひと時に心なごみて)
 追吟  雅趣に生く浮世の憂さも薄らぎて

地    以ての外 地球荒れゆく温暖化  (純一)
(標目  防止対策後に続けと)

人    向かっ腹 老いのゆとりが蓋をする  (國子)
(標目  悟りし笑みが心鎮めて)

二    竜馬伝 異国夢見る桂浜  (哲男)
三    たばこ税 意志の弱さに追い打ちか  (哲男)
四    多年草 自然が育て花咲かす  (土筆)
五    たばこ税 収支を睨む新政府  (直樹)
六    竜馬伝 扉を開ける革命児  (新一)
七    星の数 夜空を染める過疎の里  (耕作)
八    長い年月働きずめで 老いの日課は医者通い  (芳英)<送り句>
九    鬼の名を負ひてうつむく百合の花  (純一)<読み込み 鬼>
十    多年草 子へのバトンで冬を越し (恒男)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2010-02-25 02:00 |  安冨冠句会例会