短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成22年2月上座抄(松井土筆 雅伯選)

松井土筆 雅伯選


天    竜馬伝 土佐の黒潮血が滾る  (直樹)
(標目  矛盾に挑む武の土性骨)
 追吟  血が滾るでっかい夢に湧く闘志

地    心籠らぬ未熟な詩に 佳月あの世で喝入れる  (直樹)<送り句>
(標目  師在りし日の追憶手繰る)

人    常習犯 低年齢化する世が恐い  (政信)
(評目) 道徳廃れ先行き見えず)

二    竜馬伝 扉を開ける革命児  (新一)
三    多年草 春に歓喜の若葉萌え  (政信)
四    みな優し園児が作る鬼の面  (純一)<詠み込み 鬼>
五    凛として 咲く梅林に香りたつ  (阿ケ美)
六    竜馬伝 姉が鍛えた武の心  (政信)
七    白内障 病じゃなくて通る道  (國子)
八    星の数 残るはほんの一握り  (雄飛)
九    以ての外 知らぬ存ぜぬ億の金   (春風)
十    たばこ税 値上げの毒をまだ吸うか  (政信)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2010-02-25 03:00 |  安冨冠句会例会